このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. 講師紹介

講師紹介

広畑直子

広畑直子

主な担当/パースコース本科

1995年、コラムデザインスクールを卒業後、4年でヒロデザイン事務所を設立。現在、パース制作業務の傍らパース講師を勤めている。日本パーステック協会理事。

当スクールでは、パースの描き方を直接実演しながら覚えて身につけて頂いています。
習得するのに時間がかかった生徒さんが、描けるようになった!と笑顔を見せてくれた時や、実務に於いてパースを活用することで、即ご契約に結びついた等々嬉しい報告をいただく事が、講師の仕事の一番のよろこびです。
私自身、当スクールの卒業生で、当時はブティックの店員をしながら通っていました。何事も人の5倍は習得に時間がかかる性分で、しかも建築の知識もない素人、絵心もなく、すべてが初めての世界。幾度同じ質問をしても、先生方はいつも親切に根気よく教えて下さったことを思い出します。
そんな経験から、生徒の皆さんの気持ちに一番近い講師として授業をしていけたらと考えています。
パースは、イチから始める方でも本当に誰でも描けるようになります!私がその証明。
描きたい!という気持ちをだけ持ってきて下さい。皆さんのやる気、お待ちしています。

山本勇気

山本勇気

主な担当/パースコース本科 短期スキルアップ講座

建築透視図技能士
二級建築士

著書
「なぞっておぼえる遠近法 スケッチパース」 シリーズ(秀和システム)
私が担当しているのは主に建築パースの下描きから着彩までのテクニックのほか、
スケッチを通して感覚的に空間を描く練習の指導です。
生徒さんが実践で困らないように作図法を説明するようにしていますが、あまり作図法にばかりこだわって自分の目や感覚を無視しないようにお願いしています。
だからといって、パースは感覚やセンスだけで描くものではありません。絵がうまいか下手かなどよりも日々の地道な積み重ねが大切、継続は力なり続けていけば必ずうまくなりますし、上手くなれば楽しい、楽しければまた続けようと思える・・・そんな喜びを伝えることも私達講師の仕事だと思っています。
卒業された皆さんが、仕事でパースを武器に活躍されている姿をみると本当に嬉しくなります。あなたの仕事に必ず役に立つ手描きパースを身につけていただけます。 今すぐはじめよう!

上松尚子

上松尚子

主な担当/教務 AFT色彩検定対策講座

子供服メーカー営業担当から転職、内装デザイン事務所勤務を経て2005年よりコラムデザインスクールにて教務を担当。資格を生かし、色彩検定対策講座講師や専門学校講師(色彩学)も務める。

教務を担当しています。生徒の皆さんが、気持ちよく全力で勉強し、パーステクニックの習得ができるように、講師の先生との潤滑油のような役割が果たせればと考えています。
またそのかたわら、色彩に関する講座も担当しています。色彩検定の合格に向けて専門的な色彩の知識をわかりやすく解説するだけでなく、身近すぎて見過ごしがちな色による生活への効果などをお伝えするようにしています。コラムデザインの特徴は、パースを描くテクニックの勉強のみならず、プレゼンテーションの心得や姿勢といった部分も同時に学べること。それも机上の空論ではなく、講師陣の長い実務経験の中で培われたものをベースとしたものです。日々、実務に携わる講師から、リアルな環境と情報を教えてもらえる機会は貴重です。なかなか簡単に学べるものではありません。
ぜひとも、コラムイズムを感じながら、プレゼンテクニックを学んで頂きたいです。

宮後大介

宮後大介

主な担当/パソコン関連講座全般

コンピュータシステム運用会社から建築設計事務所へ転職。インテリアデザインスクールの教務・講師を経て、2011年より(株)イオグランツへ。現在は、経験を活かしてソフトウェアの開発・研修を務める

コラムデザインは手描きを主流としたスクールです。しかしながら建築の現場では、当然、パソコンも使用していますし、CG仕上げのパースも扱っています。
私が担当するのは、パソコンを使ったプレゼンテーションツール制作の指導。仕事では、パースを描くのではなく、CADソフトの開発を手がけ、よりよい使い方をみなさんに伝える側にいます。
建築やパースの知識がないからと尻込みすることはありません。私自身、建築畑を歩いてきたの人間ではありませんが、現在では建築の専門家が使うソフトを開発することを生業としています。
パソコンソフトをどう使えばクオリティの高いパースが仕上がるのか、最も効率的な方法を開発者ならではの視点でお伝えしていきます。
コラムのように手描きからパソコンを使用したプレゼンまで全てを網羅した講座というのは、中々ありません。どちらも一長一短ですが、同時に身につければスキルは二倍ではなく二乗になると思っています。コラムで一緒に学べる日がくるのを楽しみにしています。

ページの先頭に戻る